メルシーポットの新型S-503の使い方と口コミや感想

[toc] メルシーポットの新型S-503が販売されていたんですね。
3年前に買ったメルシーポットが壊れたので再購入しようとおもって公式サイトを見たら新しくなっていました。

メルシーポットの詳細はこちら

メルシーポットってなあに?

メルシーポットは赤ちゃん用の鼻水吸引器なのですが、大人の使用者も何割かいるという商品です。
3年の間にいろいろと改良されたようなので、いろいろと見ていきたいと思います。

鼻水吸引器がなぜ必要なのか?

だいたい3歳から5歳くらいまでの子供は、自分で鼻をかむ事ができません
そのため耳鼻科で鼻水吸引してもらうのですが、だいたい泣きます・・・(゜_゜i)タラー・・・
費用は1000円弱なのですが、手間と時間を考えたら家でやったほうがいいんじゃないか?という結論に。

メルシーポットを選んだ理由

最初は私が口で吸うタイプを試してみました。安かったので!!
しかしパワーが足りないうえ、もしかしたらこれでウイルスが私の身体に入るかも?
悩んだうえダンナに相談して電動の吸引器を買ったのを思い出しました。
電池式とACアダプタで悩んだんですが、外で使うことはあまりないと思い、

・パワー
・メンテナンス
・電池式は吸引力が安定しない

の点からメルシーポットを選びました。
昔の型番は忘れましたが、今回購入した新型はS-503です。

メルシーポットの使い方

メルシーポットは鼻水を吸引してくれるので、掃除機みたいな構造で途中で液体を分離するようになっています。
併用はちょっと嫌ですが、真空調理にも使えそうだと思ってしまいました。
本体のパワーは一定で、手元のレバーで吸引力を調整できます。
硬めの鼻水の時は重宝します。
先のノズルを鼻に入れるだけなのでそんなに大変ではないのですが、子供がイヤイヤするので、さっとしてあげるといいですよ。
ある程度なれてくると、自分で鼻に入れてくれようになったというお母さんも居ますね。

音がうるさいって言うけどどうなの?

正直ε=ε=ε=ε=ε=(o゜ー゜)oブーン!!って鳴ります。
起動中はずっと鳴るので、気になる方は対策が必要です。
いろいろと調べて試しましたがこんなのはどうでしょう?
他にもいろいろできそうですね。

本体より二回り大きいダンボールを用意。
底に振動防止用のゴムマット・耐震マット・発泡スチロールなどを敷く。
チューブと電源コード用の穴を開ける。
本体を入れて起動。
まだ音が気になるようなら本体とダンボールの間に毛布やバスタオルを掘り込む。

ここまでやればばっちりです。

先っぽのノズルが使いにくい!!

公式メーカーからボンジュールプラスというノズルが販売されています。
吸引の関係で代用は効かないので、こちらを買って試してはいかがでしょうか?
長さがあるので、使い勝手がとてもいいと購入者の間でも評判です。

まとめ

何度も耳鼻科に行く手間と時間が無くなりますので、それだけでも価値があります。
購入を迷われている方は購入者さんの感想や騒音対策も役に立つので、レビューもしっかりと読んでくださいね。
メルシーポットで蓄膿症や中耳炎の防止にもなりますので、鼻水のケアもしっかりとしてあげてくださいね。

メルシーポットの詳細はこちら

>theHQ 「健康師」養成プログラム 

theHQ 「健康師」養成プログラム 

今回の無料プログラムでお届けする内容は・・・ (下記はほんの一部です!) ●人生100年時代に必要なのは  「正しい健康の価値観」と「セルフケアスキル」というHQです! ●内臓が変われば人生が変わる! その本当の意味とは? ●内臓はあらゆる不調につながるが故、整えれば、あらゆる好調につながります! ●意外に知らない、各臓器の重要な働きとは? ●長谷澄夫が伝授!! 今すぐできて効果抜群のセルフケアスキル ●これからは「病気は自分で治す時代」 ●社会全体の「健康」に対する認識を変える  壮大なビジョンを持つプロジェクトの全貌を公開! ●自分だけではなく、  子供や家族や友人を健康にできるスキルをあなたへ伝授します!

CTR IMG