いざという時に使える大容量バッテリー

災害時に本当に使える大容量バッテリーの選び方はここだけを見ます。

それは充電回数の耐久性です。

大容量バッテリーはリチウムイオン電池なのですが、スマホと一緒で使っているとだんだんと充電量が減ってきます。

そんな電池だといざという時不安ですよね?

ところがアンカーという会社のバッテリーは満充電にしてから放置していてもバッテリーがほとんど減らず、繰り返し充電してもバッテリーがなかなか弱らないんです。

5万円以下を購入するのもよいのですが、非常時のことを考えると一度検討してみることをおすすめします。

現在ちょうどいいくらいに値下げされてきているので、コスパ的にもおすすめです。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ぶろぐ管理人のハリ子です。

だんな・ハリネズミのタルト・子供とゆっくりと暮らしてます。

のんびり?してるらしい。

目次
閉じる