今年最後の流行シャンプーバーを見つけて

電気代の安い暖房器具ランキング!!

朝晩の冷え込みがだいぶキツクなってきましたね。

冬用のスリッパが早く欲しいと毎朝思います。

暖房器具の電気代をそれぞれ確認してみた

エアコン 2.8円〜39.9円
オイルヒーター 12.7円
電気カーペット 高:約9.0円/中:約6.2円
強0.9円/8段階調節約の「3」0.6円
電気ストーブ(ハロゲンヒーター) 強27円/中18円/弱8.9円
電気ストーブ(カーボンヒーター) 強24.3円/弱12.1円
パネルヒーター 強27円/弱13.5円
こたつ 強:約4.3円/弱:2.2円
電気ブランケット・電気ひざかけ 1.1円

おすすめの暖房器具 部屋全体

部屋全体をあたためるのは、やっぱりエアコンが一番です。

最近は部屋の床と天井の温度差がなくなるように温めてくれますので、一度暖かくなると快適になりますね。

おすすめの暖房器具 スポット

せまいエリアだけあたためるなら、電気ストーブやパネルヒーターが良さそうです。

最近は小型化が進んでいるので、ちょっとおいてあっても邪魔にならないのがうれしいですね。

とにかく安く暖めたい

一人暮らしで自分だけ温まればいいなら、電気ひざかけがおすすめです。

座っているときは体に巻き付けて、移動するときはスカートにすると邪魔になりません。

モバイルバッテリーの充電を会社ですれば電気代も0円!!

先日紹介したヒートベストとあわせてもいいですね。

今が買い時!ヒートインナーベストは主婦の味方です。 | ワンホームソース 主婦の使える情報

モバイルバッテリーは超小型のタイプがおすすめです。

2台同時に充電できるモデルなら使い勝手もいいですね。

超小型モバイルバッテリーの詳細はこちら

電気ブランケットはバッテリーが内蔵のものよりモバイルバッテリーが必要なタイプの方が使い勝手がいいのでおすすめです。

洗えたり・バッテリーが弱くなっても交換可能なので。

注意点は暖かくなるポイントがせまいのと広いのとあるので好みのタイプを選んでくださいね。

私は少し高くなりますが広くあたたまるタイプにしました。

電気ブランケットの詳細はこちら

まとめ

こたつもいいんですが、動けなくなるので引っ越ししてから使っていません。

体温が下がると免疫力も低下するそうなので電気代だけで考えないように。

電気代と相談して、かしこい温活をしてくださいね。