ファッション 美容

UVカット手袋(アームカバー)を付けてかわいく紫外線からガードしよう

投稿日:

そろそろ日差しが強い日が増えてきそうです。
昨年使っていたアームカバーは捨ててしまったので、楽天マラソンで新しいUV手袋手袋探しです。

UV手袋やアームカバーは必要?

日差しが強い日でも、日傘をしていたら大丈夫と思うかもしれませんが、油断大敵です。
窓・ガラス・車・地面などあらゆるところからあなたを襲ってくるので、日傘では防ぎきれません。
そのため皮膚がデリケートな腕部分にはUV手袋やアームカバーがおすすめです。

UV手袋やアームカバーの選び方

まず素材に注目しましょう。
・UVカット素材
・冷触感素材
・綿
・化繊
が一般的ですね。

生地自体がUVカット加工されているものは、UVカット率が99%など高性能です。
UVカットされていないものだと最高でも90%くらいでしょうか?
日傘があったり、まだまだ若い方ならこれくらいでも大丈夫だと思います。

冷触感素材は、着けた時にひんやりと感じますし、実は吸収と乾燥力が強いので、汗をよくかく方におすすめです。
汗を吸っても風が当たるとすぐに乾燥します。

綿・化繊は好みなのですが、普段から肌着の素材によってチクチクすることがある方は避けたほうが無難だと思います。

今回購入したUV手袋はこちら

最近猫雑貨とふれあうことが多くて、かわいいデザインと口コミの評価が高いこちらにしました。
ゴム部分が優しいと書いてあったのが決めてですが、かわいいデザインなのですぐに即決しました。
素材が綿麻なので通気性がばつぐんなのですが、開封後すぐは少ーしちくちくします。

麻のチクチクを取る方法

麻のチクチクは繊維の質によるものだそうです。
うちではそういう素材のものにあたったら、洗面器にぬるま湯と柔軟剤を入れて、一晩ほったらかした後、普通に干してから使います。
洗濯方法を見て手洗いだと洗濯機不可なので、麻は要注意です。
通気性は良いので夏場はおすすめです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

-ファッション, 美容
-, , , , , ,

Copyright© 家庭で使える小ネタ情報 ワンホームソース , 2018 AllRights Reserved.