キッチン

プライベート・プリザーブを使ってワインの酸化防止をしよう

投稿日:

ワイン1本はちょっと多かったかな。明日飲もうと思って飲んでみたら激まずワインに?
ワインは酸化すると劣化するものがほとんど!!
ワインの正しい保存方法はこちらです。

プライベート・プリザーブでワインを保存しよう

ワインの保存方法として、最近では真空タイプがメジャーではありますが、いかがなものでしょう?
実際多少なりとも空気は残りますので、間違いなく酸化・風味落ちがおきます。
ワイン通の方は開けたら飲みきれと言いますが、美味しいワインだからこそゆっくり楽しみたい時もありあませんか?
そんな大事なワインの保存に最適なのがプライベート・プリザーブです。
現状ワインショップでの扱いはあまり無く、一部の東急ハンズやネットショップで購入するしかありません。
しかしその効果は本物です。

プライベート・プリザーブの仕組み

プライベート・プリザーブはスプレータイプになっています。
エアスプレーの圧力が低い版といったところでしょうか。
中身は窒素と二酸化炭素が入っていて、空気より重たい気体です。
ワインが残ったボトルにプライベート・プリザーブの空気を流し込むと、ワインと空気の間に窒素の膜が出来るのでワインの酸化を止め、風味の減少を抑えることができます。
もちろん日本酒でも同じ様に使えます。

プライベート・プリザーブが使えないワイン

プライベート・プリザーブはワインと空気の間に膜をはるので、炭酸系のシャンパン・スパークリング・微発泡ワインには使えません。
また、表面積の問題で、プライベート・プリザーブを使ったあとは、ボトルを立てて保存が基本です。
寝かすと空気との接地面が大きくなり、窒素の膜が不十分になってしまいます。

プライベート・プリザーブの使い方

スプレーの先に付属のストローを付けて、ワインにシュシュシュとするだけです。
本体に使用方法が書いてあるのですが、うちでは節約のためスプレーは少なめにしてあります。
いろいろと試してみてくださいね。

まとめ

ワイン好きのとお立ちへのプレゼントに、奇をてらって贈りました。ワインはまわりの友人が持っていったので、いろいろと長く楽しめたと好評でした。
送料を考えると、家の近くで買えるところを探したいのですが、なかなか難しいですね。
うちでは楽天マラソンのプラスワンのタイミングで買うことが多いです。
ワインや日本酒の保存はプライベート・プリザーブにお任せです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

-キッチン
-, , , ,

Copyright© 主婦の使える情報 ワンホームソース , 2018 AllRights Reserved.