掃除

洗濯マグちゃんを使って、ドラム式洗濯機の寿命を延ばそう。

投稿日:2018年5月9日 更新日:

我が家ではだんなが理系担当なので、トラブルがあったらいろいろと調べてくれます。
今回はシャープのドラム式洗濯機がE04のエラーを頻発に発するのでいろいろと調べてみました。

ドラム式洗濯機の弱点

ドラム式洗濯機は、調べた所全メーカーでホコリがパイプに詰まります。
ドラム式洗濯機の長所である乾燥モードで、ホコリを含んだ空気がパイプ内を循環するために、パイプにホコリが詰まる様です。
この症状になると、通常はメーカーに依頼して、修理にきてもらうのが一番です。

もし保証が切れた場合は、ご自分で必死に掃除するか、買い替えるかになるようですね。
掃除は自分でしなくても、専門業者に頼むという手もあります。
が、2万円からということなので、自分でやれるだけやってみたいと思いました。

ドラム式洗濯機のパイプの掃除方法

いろいろと調べてみましたが、菜箸や針金を使ったりと皆様頑張っています。
家では今回はメーカーにお願いしましたが、とても素晴らしい掃除方法があったので紹介しておきますね。

まず必要なものを購入します。

作業開始

ファイバースコープでホコリの詰まりを確認しながら掃除機を使ってホコリを吸い込む?捕まえる?ように掃除していきます。
ファイバースコープはledライトなど照明がついているものを選びます。
掃除機のアタッチメントはホースえお付けますが、先っぽにはなにも付けません。
もし外れたら大惨事になりそうですからね。
ある程度綺麗になったら、洗濯槽の内部、ドアパッキンの裏もぐるーっと一周ホコリが無いか確認します。

全部終わったら、中身は空っぽで、洗濯と乾燥を短時間して終了です。

付属の乾燥フィルターに掃除機で取れなかったホコリが取れると思います。
取れなくても掃除機で頑張ったということで。

追記:パイプの掃除が初めての方は、念の為乾燥フィルターの奥だけでなく、手前も確認してみてくださいね。
家は大丈夫だったんですが、鏡で見たら手前も汚れていたという方もいました。

メーカー推奨ホコリ詰まりの改善方法の疑問

ドラム式洗濯機を長く使うために、月に1度は塩素系樽洗浄は必ずします。
これで、洗濯槽に残っているカビやホコリを溶かし洗い流すことができます。
とどこのメーカーも書いてありますが、ふと疑問が。
洗濯槽を洗っても、乾燥パイプのほこりはきれいにならないのです。
つまり一向に改善しません。

ヒラメキのほこり詰まり改善方法(検証中)

いろいろとレビューを見てると、
・ペットを飼っているとドラム式洗濯機は壊れる
・選択前にコロコロで掃除してから洗う
など、主婦には無理!!

そこでダンナがヒラメキました。
「あのホコリって、静電気でパイプに張り付いて、それがちょっとずつ詰まっていくんじゃね?」
おお!!
ありえる!!
そこで調べてみると、アルカリイオン水で洗った洗濯物は静電気が少ない可能性がありました。
最近流行りの掃除グッズ電解水やアルカリイオン水・水素水でテレビを拭いても、しばらくはホコリが付きませんからの考察です。

でもアルカリイオン水で洗濯するって、お金がかかりそう(゜◇゜)~ガーン

洗濯マグちゃんならドラム式洗濯機の悩みをぜーんぶ解消してくれる!

しばらくは放置していたドラム式洗濯機問題が一気に解決しました。
その名も「洗濯マグちゃん」
こちらの商品、1個1600円くらい?で、洗濯機のサイズに合わせて1・2個を洗濯物と一緒に入れて洗濯。
すると洗濯マグちゃんが水と反応して、水素水を生成。
水素の力で洗濯物も、洗濯槽も、排水パイプもみんなピカピカになります。
そして、水素水で洗った洗濯物なので、多分静電気も少ないだろうなので、乾燥パイプにホコリがつきにくくなると信じています。
こちらはまた追記させていただきますね。

洗濯マグちゃんの詳細

洗濯マグちゃんは、もともと赤ちゃんがいる家庭向けに開発されました。
洗濯マグちゃんは、洗濯洗剤を入れなくても洗濯物の汚れが落ちるので、洗剤の残留がありません。
赤ちゃんの肌に優しい商品です。
さらに水素水は、水の中の大腸菌やレジオネラ菌の繁殖を抑制しますので、遊び盛りなお子さんが居る家庭にもおすすめです。
消臭効果もあります。
家では洗濯マグちゃんと、規定の半分の洗剤で洗濯機を回していますが、いろいろと試していると楽しいですよ。
また、洗濯槽や排水パイプにカビや汚れを流してくれるのも嬉しいですね。

<追記>
あいかわらずほこりエラーは出るものの、エラーの表示頻度が毎日から2週間に1回に伸びました。洗濯マグちゃんを追加で購入してさらなる検証をしたいと思います。
また、、洗剤を減らしてもよく汚れが落ちますし、部屋干しでも臭くならないので今の時期におすすめです。

<追記2>
洗濯マグちゃんの問い合わせが多いので、別記事を書きました
洗濯まぐちゃんの購入場所と使い方

まとめ

今回の記事い書いてある水素水・アルカリイオン水・電解水は呼び方が違うだけで同じものとお考え下さい。
微妙に違うんでしょうが、この記事の中では同じものとして扱っています。
さて洗濯マグちゃんですが、寿命は1年となっていて、とても高いコストパフォーマンスです。
代わりに洗濯洗剤の使用量が減るので、洗濯機や身体に優しい分プラスになります。
プラスにしかならない洗濯マグちゃん。ぜひ洗濯物のお供にお使いください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

-掃除
-, , , ,

Copyright© 主婦の使える情報 ワンホームソース , 2018 AllRights Reserved.